二次会幹事代行を利用するメリットとデメリット

二次会の幹事代行を利用するメリットとデメリットを紹介します!

二次会代行のメリットとデメリット

結婚式二次会を開催するにあたり、幹事を誰に依頼するかを悩まれる人も多いと思います。ひと昔前は、仲の良い友人に二次会の幹事を頼むことが多かったですが、幹事業務の負担が大きい為、昨今では友人に幹事を頼む人は減ってきており、二次会代行業者に二次会の幹事を頼むということが多くなってきているようです。
そこでここでは、二次会代行業者に幹事を頼んだ場合に、どんなメリットやデメリットがあるのか紹介させて頂きたいと思います。
結婚式二次会を成功させるために、「幹事をプロの業者に頼むべきか?」「代行業者に頼んだらどんなメリット・デメリットがあるのか?」、悩まれている方の参考になればと思います。

 

二次会の幹事代行を依頼する人はどんな人?

まず、実際に二次会幹事代行を依頼する人が、どんな要望や考えで依頼をするのか、いくつか例を挙げてみましょう。

友人に幹事をお願いしたくない新郎新婦が依頼をする

二次会当日、新郎新婦が友人と楽しくお話が出来ることを楽しみにしているように、友人も新郎新婦や久しぶりに再開する友人と楽しい時間を過ごすことを楽しみにしています。しかし、友人に幹事をお願いしてしまうと、準備に不足はないか、二次会の進行が上手くいくかどうか、ゲストに楽しんでもらえているかどうかなど、頼まれた友人は楽しむどころではなくなってしまう
それよりは、面倒は幹事をプロに任せて、友人はゲストとして参加してもらい、しっかり二次会を楽しんで欲しいという想いから、二次会の幹事はプロに任せるという新郎新婦が多いようです。

プロが企画するウェディングパーティーとして華やかにやりたい新郎新婦が依頼をする

二次会代行業者は、その道のプロで経験豊富なため、経験の少ない友人に幹事を頼むよりも安心して任せられるという理由で、幹事代行を利用する新郎新婦も多いと聞きます。また、友人幹事だとグデグデの飲み会になってしまったりするケースも多く、「プロが仕切る二次会はウェディングパーティー・披露宴のように進行してくれる」といった満足度の高い二次会パーティーを期待して、代行業者に依頼するカップルも多いんだとか。結婚式の二次会も、一生に一度のイベントであることに変わりはなく、良いパーティーにしたいという思いからプロに任せるというという選択をされているのですね。

新郎新婦に幹事を頼まれた友人が依頼をする

中には、新郎新婦から二次会の幹事を依頼され、どうしていいかわからず幹事代行業者に相談をする人もいるそうです。今までに幹事をやった事がなく、初めての事が多くて何をしたら良いかわからないという理由や、以前幹事を経験して大変だったので、幹事代行業者に任せたいと思う友人幹事もいると聞きます。友人も日々の仕事や家族サービスがあるので、それをこなしながら幹事をするのは結構大変ですよね。

 

二次会代行を利用するメリット

では、ここからは実際に、二次会幹事代行を利用するとどんなメリットがあるのか、具体的な例をみていきましょう。

当日までの準備や、実際のパーティー運営がとても楽

二次会代行を利用すると楽ができる二次会の幹事代行を利用する一番のメリットは、ズバリ当日までの準備が圧倒的に楽になるということが言えます。勿論、当日の運営も幹事代行業者がしてくれますから、準備だけでなく、当日も新郎新婦やゲストはパーティーを楽しむことに集中出来ます。二次会幹事代行業者は、その道のプロです。当日までの準備や段取りもしてくれるので、新郎新婦としては代行業者からの質問に答えていくだけで、二次会の準備や内容がかたまっていきます。
特別な演出をしたり、細かく段取りを決めたいという場合には、それなりの準備が必要になるので、その場合は、百戦錬磨のプロの意見を聞いたり相談したりできるので、非常に参考になるのではないでしょうか。ちなみに、細かく段取りを決めることは悪いことではないですが、ゲストありきの二次会ということを忘れないようにしましょう。「新郎新婦がこだわる=友人が楽しめる」ではないので、もし何かこだわりがあるという人は、その辺りもプロの意見を参考にされると良いのではないでしょうか。特にゲームなどは、あまりルールを細かくしてしまうと、ゲストが理解できず、ついてこれないので、そこらへんもプロに相談した方が二次会を成功させられるかと思います。

二次会はプロに任せて、結婚式の準備に集中できる!?

結婚式の準備に時間を費やせる二次会の準備が楽になった分、準備にかける時間を結婚式に費やすことが出来ます。結婚式と二次会では、結婚式の方が細かく決めなければいけない部分が多く、時間も労力もかかります。そんな中、二次会はついつい後回しになりがちですが、二次会幹事代行業者に頼むことで、二次会の準備や段取りは幹事代行業者がしてくれますから、新郎新婦は結婚式の準備に集中することが出来ます。結婚式当日までを楽しく過ごすためには、「少しでも新郎新婦の準備負担を減らす」というのも成功の秘訣です!

重要な役割である幹事をプロに任せられるから安心

幹事をプロがやってくれるから安心友人幹事の中には経験豊富な方もいるかと思いますが、やはり毎週熟してきているプロの幹事代行業者には勝てません。業者の場合、幹事代行の仕事を専門に行っているため、失敗事例や成功事例など経験や知恵が豊富で、安心して任せられるというのは、大きなメリットです。
具体的には以下の点があげられます。

幹事代行を専門に請け負っているプロが行うので安心

先程も書きましたが、二次会幹事代行業者は、二次会幹事代行業を専門に請け負っている、その道のプロです。これまでの実績や経験があるので、事前の準備はさることながら、当日のパーティー運営もプロに安心して任せることが出来ます。
ただ、新郎新婦によって考え方は様々ですので、プロだから言わなくても伝わって当然ということはありません。わからないことや希望がある場合には、気軽に相談してみましょう。

司会者もカメラマンもプロがやってくれる!?

プロカメラマン司会はパーティーを成功させるのに必要不可欠な存在と言えます。私は以前、ゲストとして参加した友人司会のパーティーで、さんざんな光景を目にしました。司会者は友人ですので、ゲストでもあり、お酒を飲みながら司会進行をしていて、新郎新婦入場〜乾杯まではよかったのですが、歓談のあとのゲームの時間になると、司会者も酔っぱらってしまって、ゲームの説明がうまく出来ずに盛り上がらず、挙句の果てに、閉宴時には、新郎新婦の謝辞や退場シーンがなく、「グデグデのまま解散」という流れになりました。後日聞いた話によると、事前に作成しておいた進行プログラムが全然役に立たなかったとの事でした。
友人司会者ですと、このような結果も起こり得ると思いますが、プロの司会者が進行すればこのような事はあり得ませんので安心です。仕事としてを専門に請け負っている司会者が責任をもって司会進行をしてくれるので、こんなに心強いことはありません。ただ、中には経験豊富なウェディングの司会者ではなく、勉強中のイベント司会者を起用している幹事代行業者もあるようなので、そこは申込前に確認をしておきたいですね。
また、二次会の様子も記念に残したいと思っている新郎新婦に欠かせないのが写真撮影です。プロカメラマンに写真撮影をしてもらえるのであれば、それも幹事代行のメリットと言えますが、カメラマンについては、代行業者によって少し事情が異なるようでして、カメラマンがプラン内に入っている場合と、オプションで別途有料でカメラマンをつけられる場合があるようです。その内容も、中には撮影はしてくれるけどデータ代は別途費用がかかる業者や、ウェディングの撮影経験が浅く、とてもプロとは言えないカメラマンを使っている業者もあると聞いたことがあります。せっかく写真に残すなら、経験豊富で腕の立つプロカメラマンに撮影して欲しいですよね!カメラマンについても、プロカメラマンであるかどうかや、サービスの内容について、各業者で違うので申し込みの前にしっかり確認をしておきましょう。
プロカメラマンを採用している二次会業者・・・2次会ジェンヌ2次会くんプラチナウェディングスタイル

希望や要望など、友人ではなく業者なら言いたいことを気兼ねなく言える

友人幹事の場合には、今後の付き合いもあるし、これをお願いしたら迷惑かなとか、こんなこと言ったら嫌がられるかな等と心配をして、希望や思っていることをうまく伝えられないなんてことがあると思いますが、幹事代行業者は、そういった希望や言いたいことを聞くのが仕事でもあります。友人には言いづらいことを気兼ねなく相談出来るのもメリットですね。自分の希望や思いを伝えた上で、経験豊富なプロのプランナーの意見も参考にしつつ、ゲストに楽しんでもらえる二次会にしましょう!

 

友人に幹事業務の負担をかけない

友人に負担がかかってしまう二次会幹事の仕事については、「二次会幹事完全マニュアル」で徹底解説していますが、友人に幹事を依頼する場合、幹事業務に慣れていない人が、普段の仕事で忙しい合間を縫って二次会の準備をしなければなければなりません。そうすると、二次会当日を迎えるまでは、プライベートの時間をほとんど二次会の準備に費やすことになります。また、準備だけでなく、当日も幹事の仕事は沢山あり、とてもではないですが幹事はパーティーを楽しめる状況ではありません。また、二次会は会費制が多く、受付業務も幹事の仕事のため、お金の管理や責任も付いてきてかなり気を遣います。そういったたくさんの業務や責任を幹事代行業者に依頼することで、友人に負担をかけずに二次会を行うことが出来るのも大きなメリットです。
二次会幹事完全マニュアル」にある、二次会の幹事を頼まれた人の本音アンケートの通り、幹事の依頼を断りたいと思っている人が8割以上にものぼります。幹事への負担がどれだけ大きいかが理解できますね。友人へお願いするのは、幹事ではなく、例えば、結婚式で使用した装飾品などを二次会会場に運搬してもらう程度にしておいた方が良いかもしませんね。ちなみに、タクシー代を出してあげれば、喜んで運搬を頼まれる友人はたくさんいると思います!

新郎新婦と友人幹事とのトラブルを防げる

友人同士のトラブルただ単に友人が負担に思っただけで、新郎新婦が喜んでくれたことに友人幹事が満足してくれればまだいいですが、中には新郎新婦と友人幹事との間でトラブルがあり、その後険悪な関係になってしまったという話も聞きます。ざっくり例を挙げると、「金銭トラブル(予算や受付、精算時)」「新郎新婦の期待に添えなかった(当日のパーティー進行に対する新郎新婦からクレーム等)」「幹事が新郎新婦へ不満を募らせる(大変な思いをして新郎新婦のわがままも聞いて幹事を一生懸命やったのに新郎新婦の態度に納得がいかない等)」「ゲストからの不満(新郎側のノリの二次会になってしまい新婦側が楽しめなかった等)」のように、様々なトラブルを耳にします。
二次会幹事の失敗事例と成功事例」で具体的なエピソードをいくつかあげていますので、こちらもご参考にして頂ければと思います。ただでさえ断りたいと思っていた幹事の仕事を、新郎新婦二人の祝いの席だから仕方なく受けてくれたのに、結果的に新郎新婦二人と友人幹事の関係が悪くなってしまうなんてことになったら、せっかくの祝いの席も台無しになってしまいます。また、新郎新婦と友人幹事のトラブルがなくても、友人幹事同士で揉めてしまうということもあり、幹事を誰に頼むかについて新郎新婦で意見が割れることが多いそうです。幹事代行業者に依頼をすれば、そんな心配は要りません。

友人に頼み辛いことも、業者ならリクエストしやすい

ちなみに、先程挙げた例の中の「友人幹事が新郎新婦へ不満を募らせる」には、新郎新婦が好き勝手言って、それを友人幹事が実現させるのがとても大変で不満を募らせたということもあるようです。ただ、友人幹事に気を使い過ぎて、何もリクエストしないと、「新郎新婦の期待に添えなかった」というパーティーになってしまう可能性もあります。その点、幹事代行業者に依頼をすれば、友人には頼み辛い事も、気兼ねなくリクエストすることが出来ます。トラブルも回避しつつ、やりたいことをリクエスト出来る環境は願ったり叶ったりですね。

二次会幹事を業者に依頼すれば、友人は気兼ねなく楽しむことに集中してもらえる

楽しいパーティーの様子そうしてもう一つ、これもとても重要なことですが、幹事代行業者に依頼をすれば、友人全員がゲストとして当日気兼ねなく楽しむことが出来ます。友人に幹事を依頼した場合、幹事は当日もやらなければならないことが盛り沢山なため、とてもではないですがゲストとして楽しむことは出来る状況ではないです。それどころか、新郎新婦や参加ゲストが楽しめるかどうかの責任を負っています。そう考えると、幹事の負担と責任はかなり大きいですよね・・・。幹事代行業者に頼むことで、友人にはそういった負担や責任を負わさずに二次会が行えることは、新郎新婦にとっても嬉しいことだと思います。

 

二次会代行業者によっては、二次会会場も紹介してもらえる!?

昨今、沢山の代行業者がありますが、準備や運営だけではなく、二次会会場の紹介をしてくれる幹事代行業者もあります。代行業者が紹介する会場は、プロの目線で選ばれた会場なので二次会の開催に適している会場が多く、実際にそこで二次会パーティーを繰り返し行っている為、会場スタッフとの連携が取れている事が多いので安心です。会場選びに余程のこだわりがない限りは、幹事代行業者が紹介してくれる会場で開催をすることをお勧めします!
また、幹事代行業者によっては、紹介された会場で開催をすると、会場によっては、ウェディングケーキ無料や会場使用料無料等の特典がついてくる場合もあるそうです。そのような特典もうまく活用し、お得に二次会を開催しましょう。

二次会代行業者によって、色々なお得な特典がある

お得な特典二次会代行業者によっては、期間限定のお得なキャンペーンや、申し込みのタイミングによってお得な成約特典等があるようです。ドレス&タキシード無料レンタル、某有名テーマパークのペアチケットがもらえる、基本料金がかからない、プラン料金がかからない、スタジオ前撮り無料等、内容は幹事代行業者によって様々です。内容は各幹事代行業者のホームページで確認が出来ますが、利用条件(「いついつまでに申し込んだら」や「何名以上の利用で」等)があるので、そこは申し込み前に確認しておいたいですね。そういった特典があるのも、幹事代行業者に依頼する旨味と言えます!

 

友人に幹事を頼むよりも安く済むことがある!

ここまで幹事代行の費用について書いてきましたが、先程も書いたように、友人幹事に依頼をする際に、新郎新婦から幹事へいくらか費用を渡して依頼する場合があるようです。具体的には、打ち合わせ費用(主に依頼時の食事代×幹事人数分)、運営費用(景品代に回したり運営費とする)、会費は幹事からは受け取らない(当日の徴収会費総額が減ります)、お心付け(お礼として幹事×人数分)等が挙げられ、何をどうするかは新郎新婦次第ですが、総額平均10万円円前後かかる事があります。
二次会幹事完全マニュアル」に、友人に幹事をお願いしたときの意外な出費例をあげていますので、こちらも参考にしてもらえたらと思います。幹事代行業者に依頼をした方が、自己負担金額が少なくて済むなんてことも珍しいはなしてはないようです。

 

二次会幹事代行を利用するデメリット

これまで幹事代行業者に依頼した場合のメリットを紹介してきましたが、逆にデメリットもあるかと思います。ここからは、二次会代行サービスを利用すると、実際にどのようなデメリットがあるのかを紹介していきます。

代行業者によっては持ち出し費用がかかる

費用がかかる友人幹事の場合には、お心づけ代や打ち合わせ費用、景品代等を新郎新婦が出すことがありますが、代行業者の場合、代行サービス料金がかかります。その代行サービス料金は、幹事代行業者によって設定が異なり、中には会費で賄える業者もあれば、持ち出しが10万円以上かかる業者もあるため、高額な業者へ依頼した場合は、費用面ではデメリットであると言えます。
幹事代行業者のホームページをみると、よく「自己負担0円」というフレーズを見掛けますが、幹事代行業者はボランティア団体ではなく営利目的で事業運営をしております。利益が出ないと継続してサービスの提供が出来ません。「自己負担0円」というフレーズを見掛けて、幹事代行業者へは1円も支払わずに二次会が出来ると受け取る人は少なからずいるようですが、業者に依頼する以上、費用は必ず発生します。
ただ、やりようによっては依頼する代行業者にもよりますが、「新郎新婦の出費を0円(=自己負担0円)」にすることは可能です。どういうことかと言うと、例えば、会費8,000円という設定にして、その会費で二次会費用全てを賄えることが出来れば、「新郎新婦の負担は無い」ということになるのです。こういった予算組も前もって代行業者が相談に乗ってくれますので、会費をいくらにしたら良いのか等、代行業者に契約する前にある程度想定しておいた方が良いかと思います。すなわち、ゲストの会費設定によっては、幹事代行業者のホームページにある通り、「自己負担0円」で開催も可能というわけです。
自己負担0円で二次会代行サービスを依頼できる業者・・・2次会ジェンヌパトゥート二次会レリッシュ

代行費用とサービス内容は代行業者によって異なる!

幹事代行費用は、代行業者によって異なってきます。その費用によって自己負担や会費設定をいくらに設定するかが変わってくるので、重要なポイントでもありますね。
ただ、費用面(料金体系等)だけみて判断はしないようにしましょう。何故かというと、サービス内容も業者によって異なるからです。費用が安く済むからと思って申し込んでみたら、求めていたサービス内容が含まれておらず別途料金がかかってしまうといった事にならないように、費用面だけでなく、含まれているサービス内容もしっかり確認しておきましょう。
例えば、「カメラマンによる撮影」は、プラン内なのかどうなのか、データ代は別途有料なのかどうなのか、カメラマンがプロなのかどうかなのか、この辺りは幹事代行業者によって大きく異なるようです。ホームページだけで判断をしてしまうと、思わぬ落とし穴があるので、無料相談会に参加してしっかりと含まれているサービス内容について把握した上で申し込みましょう。無料相談は、電話や(幹事代行代行業者によっては)LINEでも可能ですが、サロンで資料を見ながらプランナーの説明を直接聞くのが一番わかりやすく、理解が深まると思います。

参加人数によっては自己負担額が増える?

自己負担が増える先程説明した通り、ゲストの会費設定によっては、集まってくる会費額が変わってくるので、新郎新婦の自己負担金額が変わります。幹事代行業者によりますが、人数が増えれば増える程、一人辺りにかかる代行サービス料金が安くなるように設定している業者もあります。裏を返せば、人数が少なければ、その分一人辺りの代行サービス料金が高くなります。少人数での開催の場合には、一人辺りの費用が高くなる上に、会費を支払うゲストの人数が少ないので、会費徴収額も低く、ゲストの会費を高く設定しないと自己負担額が高額になってしまいます。また、会場を貸切るにも、貸切る為の最低支払い保証人数という設定があり、例えば、(最低支払い保証人数)50名以上で貸切ができます、という会場で、40名で利用した場合、50名分の支払いをしなくてはいけませんので、10名分は新郎新婦が負担しなくてはなりません。

 

代行業者によってクオリティが違う

代行業者によってクオリティに差がある幹事代行業者によってクオリティが異なる場合があります。せっかくプロに依頼をするなら、クオリティの高い幹事代行業者に依頼をしたいですよね!
料金だけで判断は出来ませんが、安かろう悪かろうという言葉もあります。安い理由を説明出来ない会社は要注意かも知れません。安ければいいと思って依頼をすると、こんなはずじゃなかったのに・・・という結果にもなり得ます。幹事代行業者に依頼をする時は、費用面だけでなく、クオリティを重視することも、二次会を成功させるコツと言えます。
こんな業者は絶対NG!」にて、NG集・失敗事例と、「ネットで出てくる失敗事例の口コミ・評判」をまとめてあるので、幹事代行業者の良し悪しを見極めるのに参考にしてもらえればと思います。

自分達らしさが出にくい?

友人幹事の場合には、新郎新婦のことを知っている人が感じをするため、こんな感じが新郎新婦らしいとか、こんなの好きだからこれを取り入れよう等、新郎新婦がリクエストしなくても、自分達らしい二次会になる傾向があります。幹事代行業者は、幾ら打ち合わせをしたとしても、長年の友人よりも新郎新婦のことを詳しくなるのはなかなか難しいことです。そういう意味では、デメリットの一つと言えますが、メリットでも書いた通り、友人に遠慮せずに気兼ねなく希望をリクエスト出来るという事はメリットでもあるため、そこをどうとらえるかによって変わってくることでもあります。幹事代行業者に依頼した場合でも、自分達らしさが出るような内容のリクエストをしっかり幹事代行業者に伝えることで、自分達らしい二次会になると思います。

 

二次会の幹事代行サービスを利用するメリットとデメリットのまとめ

ここまで、二次会幹事代行業者を利用する場合のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?基本的には、幹事代行業者を利用した方がメリットの方が大きいと言えると思います。ただ、幹事代行業者によって、費用は勿論のこと、サービス内容やクオリティは異なります。そのため、「二次会幹事代行業者」とひとくくりにして評価をすることは難しいのかも知れません。友人幹事に依頼をすることにも勿論メリットはあると思いますが、もし二次会幹事代行業者の利用を検討されている場合には、ここでご紹介させて頂いた内容は一つの参考になるのではないでしょうか。
二次会幹事代行業者の利用を検討している人は、「二次会代行を上手に使う!」も参考に、幹事代行業者を上手に使い二次会を成功させましょう。また、二次会幹事代行業者の比較や口コミも掲載していますので、是非こちらも幹事代行業者選びの参考になればと思います。


関連ページ

二次会代行|問い合わせ対応レベル(ランキング)
二次会代行業者を選ぶ際に、一番最初に問い合わせ時のメール・電話対応が、基準となってきます。まず初めにここでレスが遅かったり、曖昧な返答しかしてくれない業者は、後回しにして、対応の良い業者から話を聞きにいってみましょう!
ネット上の二次会代行の口コミ集
二次会代行を上手く利用することによって、友人に幹事をお願いすることなく、予算を抑えて想い通りの二次会ができます!上手く利用するためのポイントなどを紹介していきます!
二次会代行の申込みから当日までの流れ
二次会代行を依頼するまでのポイント、依頼してから当日までの準備・当日の流れについて、詳しく説明していきます。各二次会代行業者によって違う点もあるかと思いますが、おおよそは似た流れになると思います。
二次会代行業者の口コミ・ランキングサイトをピックアップ
二次会代行業者の口コミ・比較・ランキングを掲載しているサイトが多数ありますので、ここではそれらのサイトを紹介していきます。