二次会代行を依頼する時のNG集・失敗事例

二次会代行業者の良し悪しを見極めよう!

失敗画像

 

結婚式をすることが決まって、準備を進めていくと二次会の準備をどのようにしていこうかと悩む新郎新婦も多いのではないでしょうか。
幹事を誰に頼むか、となったときに友人に頼むのも忙しそうで申し訳ないし、二次会をしっかりとやりたい。
そんなときに便利なのが「二次会幹事代行業者」となります。
ただ、「二次会代行業者」で検索して探すと、ざっと関東に20社、東海に10社ほど出てきます。結婚式と同じように二次会も一生に一度なので、誰もが失敗したくはありません。
そこで、ここでは二次会代行業者も色々あり「こんな二次会代行業者には絶対頼まない方がいい」という内容を順番に紹介していきたいと思います!

 

電話やメールの対応が良くなかった

電話対応が悪い

初回の問い合わせ時などの、電話対応やメール対応が良くない場合。電話での説明も、聞かないと教えてくれない、聞いても教えてくれず感じの悪い代行業者は即NGですね!
場合によっては、細かな要望に対しての料金見積りや会場の空き状況等によっては、即答できずサロンに来て下さいと言われるケースはあるようですが、これはセーフです!
また、メールに関してはレスのスピードも重要です。問い合わせの段階でレスが遅い場合、申し込んだあとのやりとりもレスが遅い可能性が高いため、やめた方が無難だと思います!最初から気持ちの良い対応をしてくれた代行業者のみに絞って検討していきましょう!

 

その場で契約を促してくる

契約を迫られる

相談会に参加した際に「とにかく今決めないと空きが無くなって二次会が出来なくなりますよ」といった、考える余地を与えず即決させようとする代行業者は絶対にやめた方がいいです。ただ、開催まで残り2〜3ヵ月の直近の場合、人気会場はどんどん空きが無くなっていきますので、その場合は早めに決定をしていかなくてはいけないので、ある程度二次会代行を申し込むつもりで、下調べをした上で相談会に参加した方が良いと思います。

 

とにかく二次会代行の費用が安い

二次会代行の追加料金

「とにかく他の二次会代行業者よりも安い」をキャッチコピーにして、追加料金が無く、本当にそのまま料金が安い代行業者は絶対に避けるべきです!結婚式二次会も、一生に一度。大切なゲストが会費を支払って新郎新婦をお祝いに来てくれるのだから、成功させたいものですよね。
安さだけで契約へと持ち込む二次会業者の傾向として多いのは、ほとんどが学生のアルバイトであったり、対応がお粗末であったり、サービス内容のスカスカなケースが多く、また、契約後に予想外に「追加料金」になることも多々あります。
あらかじめどういったサービス内容が入っているのか、社員やスタッフ、司会者やカメラマンはどういった研修・教育を受けているのかを、しっかりとヒアリングして、色々ある口コミや評判なんかも参考にして二次会代行業者選びをしていった方が良いですね。

 

プランナーやサロンが清潔感が無い

ウェディングは華やかなイベントとなりますので、その会社やサロンや社員に「清潔感が無い」ようでしたら、即NGにした方が間違いないでしょう!
最初の印象すら清潔感が与えられない訳ですから、契約後どのようにプランニング・準備をされるか、当日までとても不安な気持ちで過ごさなくてはいけません。

 

質問に対して答えをはぐらかす

せっかくの二次会の相談会の場なのに、プランナーが一方的に話を進め、新郎新婦が質問しても具体的な回答が得られない場合、ちょっとやめておいた方がいいかと思います。
はっきりと返答が無い場合に多いのが、その代行業者にとって「都合が悪い」ことが多く、「申込み前には都合の良いことを説明し、都合の悪いことは言わない」傾向があるので、要注意です!


二次会代行を依頼する時のNG集・失敗事例記事一覧

ネットに出てくる、二次会代行業者を利用した際の失敗事例等をまとめました。なかにはメリット&デメリットも詳しく紹介されており、代行業者に依頼する前に、一度目を通しておきたい内容です!参考にしつつ自分たちに合った優良の業者を見つけてくださいね!・ヤフー知恵袋による口コミ情報二次会代行業者を色々と比較して検討しているのですが、口コミや評判がたくさんありどこの業者が良いのか教えてください。二次会代行業者を...